事故物件

心理的な瑕疵となる死者が出た事故物件を俗に訳あり物件と称しますが、事故物件の管理や売却にお困りの場合には、豊富な売却・買取事例を持つ住宅工営販売までお問い合わせください。

実は多い事故物件にまつわるご相談

主に死にまつわる物件を事故物件と不動産業界では表現します。事故死や自殺、他殺、孤独死といった事例が多いですが、暴力団や特定宗教施設の跡地や隣接、また心霊現象的な事象といった、一般的に嫌悪感を抱く物件を広義に訳あり物件とも称しているようです。
購入者、入居者が忌避しがちなレアな話のように感じる事故物件ですが、所有者・管理者の観点に立つと非常に多く発生している問題で、住宅工営販売でも数多くの解決実績がございます。

ご相談が多い事例 1

管理物件の事故

自殺や他殺が特に多く、ケースによっては特殊クリーニングによる原状回復が困難なため客付が難しい、風評被害により再入居が困難で賃料値下げや維持が難しく手放したいというご相談です。
抜本的なリフォーム・リノベーションや、解体再建築といった手法を取り、告知義務を遵守した上で売却活動をサポートするケースもありますし、瑕疵担保責任が一切発生しないように住宅工営販売が直接買取を行うケースもあります。

ご相談が多い事例 2

家族・親族が孤独死した物件の相続

八王子・日野エリアでも一部のニュータウン等は居住者の高齢化が進んでおり、遠方相続の方からお問い合わせをいただきます。土地勘がなく、査定金額の妥当性もわからないことが多いため、難渋されるようです。
住宅工営販売では、遠方にお住まいの方とも、お電話やメールベースで状況ヒアリングから各種査定、クリーニングやリフォーム・解体といった部分まで各種サポートが可能です。引き続き相続所有され管理をご希望の場合でも、売却をご希望の場合でも問題ございませんので、お気軽にお問い合わせください

ご相談が多い事例 3

間接的風評被害の物件所有

分譲マンションの他の部屋で自殺が起きた際の別の区分所有者様からのご相談や、実際には存在しない特定団体施設の近隣に所有アパートがある方からのご相談等、直接物件に何らかの瑕疵が起きたわけではないものの、風評被害の只中にあるケースも、お問い合わせを多くいただきます。
以前とは異なり、インターネット上での口コミ等、正しくない情報が残存し続ける状況のため、所有し続けることが大きなご負担になるようです。
住宅工営販売は、幅広い購入希望ユーザーを常時確保しており、その中には購入動機が他とは少し変わった方もいらっしゃいますし、異なるスパンで不動産価値を見出している投資家の方もいらっしゃいます。
風評被害でお困りの場合は一度お気軽に住宅工営販売までお問い合わせください。適正な相場や購入希望者の抽出等サポートさせていただきます。